Core Ext URI

目次

ActiveSupport 拡張で追加される URI のメソッド

試した環境

$ ruby -v
ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [x86_64-darwin12.4.0]
$ bundle exec ruby -r active_support -e 'puts ActiveSupport::VERSION::STRING'
4.0.0

URI

文字列を正しく unescape できるかどうかを確認して、できない場合は URI::Parser.unescape を再定義するという方法をとっていて面白い。 URI::Parser のインスタンスを提供する URI.parser というメソッドを提供しています。

この機能だけ読み込みする方法

require 'active_support/core_ext/uri'

.parser

URI::Parser のインスタンスにアクセスできます。 初めてアクセスした時にインスタンスが生成されるようになっています。(遅延生成)