Core Ext Marshal

目次

ActiveSupport 拡張で追加される Marshal のメソッド

試した環境

$ ruby -v
ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [x86_64-darwin12.4.0]
$ bundle exec ruby -r active_support -e 'puts ActiveSupport::VERSION::STRING'
4.0.0

.load_with_autoloading

load メソッドに 永続化したファイルをロードする際にオートロードを試みる機能を追加するようです。 読み込みに失敗した定数に直接アクセスすることで Autoload を実行するような実装になっていました。

非常に興味深い実装なのですが、これで上手くいく理由までは検証できてません。