ActionView::LookupContext

目次

$ ruby -v
ruby 2.1.0dev (2013-09-22 trunk 43011) [x86_64-darwin12.5.0]
bundle exec ruby -r active_support -e 'puts ActiveSupport::VERSION::STRING'
4.0.1

Action::LookupContext はテンプレートを探すのに必要なすべての情報を保持しておくためのオブジェクトのようです。 ActienView::PathSet ヘのラッパもやっているし、キャッシュ機能も備えている。

ActionView::LookupContext

.register_detail

Resolver へ渡す情報を登録するメソッド。 hoge.html.ja.erbhtmljaerb を登録する

#initialize

引数view_paths は利用する view の配置しているリストを渡します。 自動的に ActionView::PathSet オブジェクトに変換されます。

引数 details は hash でその他の情報を入れておくようです。(なかなかカオスってよくわからない)