AbstractController::ViewPaths

目次

$ ruby -v
ruby 2.1.0dev (2013-09-22 trunk 43011) [x86_64-darwin12.5.0]
bundle exec ruby -r active_support -e 'puts ActiveSupport::VERSION::STRING'
4.0.0

ActionView::PathSetをクラス変数に保持していて、テンプレートの保存先を記録、探す手段がある。 ActionView::LookupContext への対話役も果たす。 親のクラス名によって prefix を生成する機能も備えてる。

あとは view_path を追加する機能をもつ。

AbstroctController と ActionView の繋ぎ役と見なせそう。